MENU

街コン体験談が気になる方へ!行った感想を書いてみた

街コンに学生はどれくらい参加しているのか?

街コンとは、一般的な合コンとは違い、参加人数が多いのが特徴で、参加者は少ない場合でも、100名以上となります。同性2組以上で1組となり、開催地域の決められた会場(飲食店)を廻ります。一軒のお店で気に入った異性が見つからなければ、別のお店に移動することができます。時間を無駄にすることなく、自由に意中の相手を探すことができます。1回の参加費の平均は4千円〜6千円程度です。制限時間内(3〜4時間)であれば、参加費用のみで、複数の店舗で飲食が可能と言うスタイルで開催されることが多いです。2004年に栃木県宇都宮市の「宮コン」が街コンの発祥と言われています。街コンは土日の午後、昼間の時間帯に開催されることが多く、女性でも安心して参加することができます。会場となる飲食店は、いろんなジャンルの料理の店が選ばれるので、グルメツアーとして楽しむこともできます。参加目的の第一位は20代、30代とも「恋活、恋愛」と変わりませんが、30代になると、男女とも、20代に比べ「婚活」の割合が高くなっています。ある調査では、街コンの参加年齢は、男女とも、25〜29歳が最も多く、次いで、30〜34歳、35〜39才となっています。20〜24歳は男性6.4%、女性11%でした。学生の参加者は1割未満といったところでしょう。街コンは社会人の参加者が多いので、学生同士の出会いを求める人は、学生限定の街コンに参加するという方法もあります。いずれにせよ、街コンは「一度に多くの異性と知り合うチャンスがある」「いろんな飲食店で食事を楽しむことができる」「いろんな業種の人と知り合うことができる」などのメリットがあります。

この前初めて参加した街コンの体験談です

まず、どうして街コンに参加することになったかですが、実は私は主催者側でした。
勤めている団体で、若者の婚活を応援しようということで、他の団体と共同で開催することになったのです。

 

はじめは主催に徹する予定だったのですが、私が婚活中ということもあり、同僚や後輩たちが提案してくれたお陰で参加することとなりました。

 

そこで、今回、婚活の反省点も踏まえて体験談を書いてみようと思った次第です。

 

さて、街コンの内容についてですが、簡単にまとめるとこんな感じでした。

 

主催者側と提携が結ばれた7つ程度の店舗に各参加者がランダム(くじ引きにより)で入店しテーブルでフリートーク&軽食を楽しむ。制限時間が過ぎるとまた別の店舗へ移動していくという形でした。
カップリングイベントなどは無く、最後に1つのクラブに全参加者が集まり飲んで食べて踊ってのパーティーで締めくくり。

 

街コンに参加するのは初めてだったのですごく緊張して、ちゃんと話が出来るのか不安でしたが、テーブルで1対1ではなくグループのような感じで話すので、意外と楽しめました。

 

ちなみにこの街コンで、私が知る限りだけでも6組のカップルが結婚したそうです。

 

街婚の詳しい情報に関してはこちらの街コン体験談から感想を書くを見てみてください。

更新履歴